スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
宇宙で対立する二つの存在
人は、自分の欲望を満たそうとして、無意識に行動を起こす事があります。それは多くの人がそうで、欲があることさえ気付かないで行動し、本当の進むべき道を誤ってしまう事もあるかもしれません。それは、人間として生まれてきた以上仕方がない事なのでしょう。そういう道もある、という事です。

ですが、自分という存在を客観的に捉えようと心がけている人には、そちらの道に進む事は、人によっては罪悪感を感じたり、もう一度方向転換を試みようとするかもしれません。どちらにしても、どの方向へ進んでも道があり、魂の学びが続いていきます。間違いであるという生き方はなく、どんな風に生きても、それが学びとなります。

それをご理解頂いた上で、ご自分の直感をなるべく高めて、このブログを読んで頂きたいと思います。そうでないと、ある時は片方を否定し、ある時は片方を賞賛するような結果となり、それは宇宙全体にとって、良くない影響を及ぼしかねません。ただ自分の中で、惹かれる方向に歩みを進めるだけで良いと思います。

このブログを立ち上げた理由ですが、少し具体的な話を書こうと思います。


私達が住んでいるこの宇宙には、対立する二極があります。「対立」と書くと、まるで争いごとのように感じるかもしれませんが、そうではなく、それぞれが独立して存在している、という意味合いで書いています。陰と陽という表現をすると分かりやすいと思いますが、人間界においても多くの二極が存在しています。

宇宙には、光と闇の存在があります。光と闇の生命体が、人間の顕在意識では届かない場所で、それぞれのエネルギーを使って駆け巡り、地球など生命体の暮らす星々を見守っています。当然の事ながら、光の生命体は地球に光をもたらそうとしますし、闇の生命体は地球に闇をもたらそうとします。そのどちらがかけても、光は光でなくなり、闇は闇でなくなりますから、宇宙は光と闇の両方があってこその世界なのです。

しかしながら、人間という存在は物質的肉体を持っているが故に、闇のエネルギーに偏りやすい性質を持っていると言えます。と同時に、物質的肉体を越えた精神的な部分の心では光を求めるように、両方のバランスによって均衡がとれています。どちらともかけがえのないもの、そういう法則の元で、私達人間は生かされています。

また最近気付いたのですが、光に住んでいる人が突然闇に移ったり、闇に住んでいる人が光に移ったりする事があります。光の中にいるような人が闇に包まれたり、闇の中にいるような人が光に包まれたりする、という方が分かりやすいかもしれません。これには、あまり時間はかかりません。光しか知らない人が闇に惹かれて行き、闇しか知らない人が光に惹かれて行く事によるものだと思います。

実は人は、根底では光と闇のどちらも知っているのですが、忘れてしまいがちなので、そういう現象が起こります。この生命によって実体験する事で表面上に思い出し、自分で価値判断をして、道を決めてゆきます。

次のブログから書く内容は、ブログの書き手の実体験をそのまま記したものですが、当人に降りてきたメッセージであり、万人に共通する内容ではないかもしれません。ですが、今後同じような体験をされる人がいるかもしれないので、予備知識として、また判断基準として、参考にして貰えればと思っています。

なお、このブログでは頂いたコメントについては、ありがたく拝読させて頂きますが、お返事をする事は出来かねますので、あらかじめご了承下さい。
スポンサーサイト
[2010/09/28 23:26] | 宇宙 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<共鳴する魂 | ホーム | 神からのメッセージ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://santikara.blog6.fc2.com/tb.php/3-939ff482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
愛するテラ*地球へ


光の存在からのメッセージ

santikara

Yonan

Author:Yonan
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブログフレンドになる!

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。